手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
10年ぶりくらいに、ウサギちゃん作ってます~♥
タイトルは、ひっさしぶりに、「星の王子さま」を昨夜再読して思いつきました~♥

なるほど!
愛は、『忍耐』と、『責任』
愛は、飽きちゃったり、気に入らなければポイなんて、出来ないんですよね!
「星の王子さま」はオススメです。
実際の、作者であるサンテグジュペリの結婚生活は、それとはほど遠かったからこそ、願望を小説にしたわけですね~。
奥さんをおいていっちゃったという罪悪感から書いちゃったのかな。
芸術は表現することで浄化されるんですよね。

タイトル 愛は、『忍耐』と、『責任』だと、今日、初めて気がついた。
f0367351_13080239.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-23 13:10 | 作品紹介
先日、アトリエシードのオーナー様と話していたのですが、
とにかく、あきらめるな。ライフワークとして細く長く続けると言うことだ。
という答えがでてきました。

正直若い頃、寝食忘れて、かなりのエネルギーを制作に投入していたと比べて、

★若い子の感覚から遠ざかっている ⇒ 若者ターゲットから離れつつある。万人受けを狙わなくて良い。
★体力的につらくなってきた    ⇒ 年齢には抗えません、仕方ないか。経験値があるので作品に投影すればいい。
★生活の雑多なことに追われてしんどくなってきた ⇒ 合理的に削減できるところは工夫すれば解決できる

ということに取り憑かれ、くたびれてしまって、激しいスランプに陥ってたりと、思わず弱音をはいちゃったんですね。

しかし、オーナー様は
「とにかく続けたほうがいい」
とおっしゃってくださり、低空飛行で今にも落ちそうな私をすくい上げてくださったのです。
勇気づけを沢山頂き、それからまた、再び、飛んでみよう、低空飛行でもいいので、細く長く。と思いました。

オーナー様とのご縁に感謝します(o_ _)o

↓新たな動物の目鼻を大量に、納得するまで描きまくる。全く納得できる目鼻立ちが出来なくて、頭かきむしる。
f0367351_11334320.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-22 11:07 | 制作苦悩
自分で言うのも何ですが、お気に入りの作品がございまして♥

タイトル
無邪気な日の追憶を。この世界が光の世界だと疑わなかった幼き日の追憶を

大人になったら、現実がしんどすぎるんですよね。

だから、子供時代は徹底して、遊んで欲しい。

過酷な競争社会も、しがらみも、虚栄も、責任も、全て解放されて、この世界を自由に遊べる時間なんて、

実は、わずか なんですよ。

ですから、そのわずかな時間を、楽しんで欲しい。

全ての世界中の子ども達へ思いを込めて作りました。

川に思い切り飛び込む子供を表現しました。
f0367351_17583676.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-20 18:01 | 作品紹介
本日、アトリエシード様に納入して参りましたー(^_^)ノ
アトリエシード様は、水曜日定休日の12時開店です。

早めに神戸についたので、三ノ宮から元町高架下歩くこと10分、学生時代から三ノ宮から元町間の高架下が大好きで。

よく、たむろってました~。

ダーク感が、何ともいえない。
しかし、高架下のshop、ほとんど開いてない(>_<)
開店時間はお昼過ぎなんでしょう。

シャッターだらけ・・・。
シャッターみにいったみたい…。

少しでも商品の市場調査をしようと思ったけど無理でした~

アトリエシードのオーナー様に深い話や、たくさんの勇気付けを頂き、元気を沢山頂いて帰ったのでした~

お近くにおたちよりの際はよろしくお願い申し上げますm(__)m
↓三ノ宮の空は今にも泣きそうで。なぐさめても多分、泣くだろう
f0367351_13032810.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-20 13:14 | お知らせ
いつも納入前は作品を、自然光で撮影するのですが、
おお!納入前の写真撮影、梅雨だけど一瞬の強い光が出てきた、神様に感謝!
f0367351_12532627.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-13 12:53 | 作品紹介
アトリエシード様、6月新作納入予定~ 玉遊びを楽しんでるよ♥

f0367351_14073865.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-08 14:07 | 作品紹介
前から見たかった、雨を象徴とした、6月の物語、『言の葉の庭』、見ました。丁度梅雨入りの話で。
描写、行間、構成、象徴、奥深さ、表情、全てにおいて完璧。
彼は、天才だ。
勉強になる。




[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-08 11:33 | 五感MAX震撼
アトリエシード様、6月新作納入予定~

ねえ、僕のこの笑顔、天然だと思う?
抱きしめてもらうための。
計算だと知ったら、びっくりするかな?

f0367351_09561650.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-08 09:56 | 作品紹介
パーティのために、めっちゃ、おめかしした天使ちゃん!

プレゼントは、季節外れの、柊(ひいらぎ)の葉っぱだよ!

f0367351_10564213.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-07 10:51 | 作品紹介
設立したくらいに1度いったきりのUSJでしたが、久しぶりに行ってみました。
平日なのに凄い人・・・(T ^ T)
入場券買うのに1時間。
ハリポタアトラクションで2.5時間。
ジュラシックで1時間。
待ち時間のほうが長い。ほとんど何もできなかった・・・。

しかしハリポタは、4Dを体感できて、年齢的についていけない、上か下か時空もわからず振り回されて
アトラクションから降りたらふらついた、でも楽しかった。

なぜUSJがV字回復したのかは、試行錯誤の故、消費者視点(consumer driven)という価値観と仕組みにUSJを変えたことにあったらしいです。

やはり、こだわりをすてて、お客さま視点から徹底的に分析したことで成功につながったのでしょう。

”消費者視点の組織になったことで、USJは「ハリウッド映画のテーマパーク」という狭いこだわりを捨てました。
消費者が求めているのは「映画」かどうかではありません。
最高に楽しいものであるかどうかが重要だという当たり前のことに気づいたのです。”


f0367351_11475259.png


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-06 11:48 | 五感MAX震撼
自分が抱きたくなる作品を!
お客さまのことがわかっていないということは、自分がわかっていないということです。

自分がその作品を見て、どう思うか?

アーティストなら、我を突っ走ればいい。
どう思われようが、とことん、我流を通せばいい。

しかし、お客さまがいるという立場上、お客さま第一に考えなければならない。
お客さまがいる業界はすべて。

ライター業でもそうだ。

その作品、記事をみて、一目惚れするか?抱きしめたくなったり、読んでみたくなるか?

すべてお客さまがいるので、我を通してはならないのです。
↓作りかけ、お座りネコチャンポーチ。しっぽ、飛び出しまくってるよ( ^^)
f0367351_11164521.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-06-02 11:18 | 制作苦悩
ここ1週間ほど、強烈なスランプ地獄(´Д` )
悪魔に取り憑かれた感じがなかなかとれなくて、自分の心と戦ってきた。

そして、気づいたことがある。
お客さまは、必ずしも、エロス的なモノや、影の強い作品を求めているわけではない。
強烈すぎる個性も求めているわけではない。

世の中は、思い通りにならないことが99%の、理不尽なストレス社会だ。
その中で、カワイイや、癒やされるモノの中に少しだけ光る個性を求めていらっしゃるのだ。

ここ数ヶ月、自分よがりの、我の強い作品ばかりひたすら作っていたけど、
お客さまのことを考えていただろうか?

大いに反省。

地獄のようなスランプを、少しずつでも、意識改革して脱出しよう。

f0367351_10525552.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-31 10:48 | 制作苦悩
しばらく、激しいスランプに陥り、そんなときは、俯瞰するために、布から距離を置いていました。

期待していた、コンペに落ち、何もかも嫌になっていたのです。

しかしながら私は沢山のソウルメイト、尊敬できる方々に支えられている。
お店のオーナーはじめ、お客様、ブログみていただいている方、近所の友達、頑張っているいとこたち、家族、ライター会社のオーナー、バイオリンの先生、、、

たくさんの方からモチベーションを頂き、生命力を頂き、前に進もうかと模索しています。

逆に生命力のやる気をそぐような人からは距離を置きます。
人生は有限で、時間がもったいないので。

物理的に距離置けないなら、心理的に距離を置けばよい。

人生は、自分主体説。

すべての環境は自らが作り上げているのです。


だから、なんとか、つづけなくては、、、

沢山の方たちを思いながら、モチベーションアップに向けます。
f0367351_10314533.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-29 10:32 | 五感MAX震撼
手作り愛好教室では、技術以外教えません。徹底的に、創造していただきたいので。

凄く思います。ここをこうしたら、華やかになるのに、なぜ、地味なんだ?!

とか。

でも徹底的に言いたい気持ちを抑えます。

特に子供は創造力を暴走させ、すごく面白い作品を作ります。

考えて考えて、考えさせる。

学校でありがちな受け身教育でなく、能動的に考えさせます。

時代も、マニュアル的に勉強して、いい大学いき、いい会社入って、、、という価値観はすでに崩壊してますもんね。

グローバル化するなかで、様々な価値観の中で生き抜くには、考えぬく力が必要になっています。

自ら考えぬいたそ子どもたちの目の輝きは、自信に満ちた、強烈な生命力を感じます。
f0367351_09081294.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-27 09:08 | ワークショップ
1つのことを粘り強くあきらめないで続けるのは大事、と多くの人は言われます。
でも、あきらめも大事だと思います。

会社経営のことはど素人で全くわからないのですが、赤字経営が続いているのに、
顧客のニーズと提供に乖離があるにもかかわらず、まだまだあきらめないと続けていたら、経営は破綻します。

「夢」にこだわり、しがみついて、ニーズと提供に乖離があり、改善策もないまま、いつまでもあきらめずにいると、
いつのまにか時間だけが過ぎていく。

「夢」を追いかけるのは実は怖いことでもあるのです。

かつて、創作活動をしていたときは、もっとビジネスライクに活動していました。
割り切れていたというか。
自分中心でなく、お客さま視点を常に意識していた。

しかし、今、自分の作りたいモノに妥協できなくなっている自分がいる。
年取ればとるほど、我が出てきて我が儘になっている。
わかっているのに、思考に行動がついて行けない。
「夢」を期限付きであきらめることも大事なのでは・・・と思います。

↓また、ニーズを考えずに、自我の暴走だけで作った作品
f0367351_09291131.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-23 09:30 | 制作苦悩
東京神楽坂 てまめさんにて「神楽坂路地裏temameのねこ展」

お越しくださった皆様、ご購入くださったみなさま、お店の方、
大変感謝申し上げます。

次回制作活動の原動力となります。

手作りを通して、創造を楽しむことで、感動を分かち合って頂けることが
本望でございます。

ありがとうございましたm(__)m


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-22 08:32 | お礼
本日、小さなお子様をお持ちの奥様たちにお集まり頂きました~
コサージュを作りたいということで・・・
お子様の髪留めを作られる方や、入学、卒業式につけるコサージュを作られる方・・・
試行錯誤して、花の中心をどのように飾り付けされるかなど、
とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
ありがとうございました(o_ _)o
f0367351_16001568.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-19 16:00 | ワークショップ
今までも、数回、手作り愛好家様たちのニーズに答えて、手作りサロンを開催しています( ^^)
サロンに、立て看板を作ってみました~
手作り好きな方々が集まり、楽しく和気藹々と、おしゃべりしながら、
手作りを通して人生を楽しめたらと思っています~

また、詳細をブログにてUPします( ^^)

f0367351_11092388.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-19 11:09 | お知らせ
新作タイトル★どんなに微笑んでいる人でも、胸の奥に、深い悲しみを、皆抱えている
f0367351_10553073.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-17 10:58 | 作品紹介
自我を抑え、顧客のニーズを考えた仕事は、単価率高い。それはたいがい、どんな業界でも。
逆に個性を全面に出しすぎた仕事は、単価率低い。

業種によるが、特に大手企業などの組織人は、個性なんて全く求められてない。
企業はむしろ、個性を敬遠している。
忌み嫌われる個性。
組織人に求められるのは、ただ黙々と、仕事をこなすのみ。
なぜなら個性を全面に出した連中が集っても、仕事がまとまらないから。
当たり前。

ライターでも、
自分の主観MAXで書いた記事は、プロセスはめちゃくちゃ楽しい。⇒1記事あたり単価 低い
まとめ記事など、客観的情報を集めた記事、プロセスは全然面白くない。⇒1記事あたり単価 高い

もの作りもそう。

かわゆーい、万人受けするネコチャンやヒツジちゃんは動く。⇒プロセスは黙々と、感情を抑えて作る。面白くない。
個性を全面に出した女性の裸をのっけると、売れない。⇒プロセスはめちゃくちゃ楽しい。心は暴走化している。

この心と需要がうまいことマッチングしないかな。
マッチングしているのは一握りの選ばれし芸術家だけ。さらに生きている間に認められるのはますます確率低い。
↓また万人受けしない作品を作ってる
f0367351_10474397.jpg





[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-16 10:48 | 制作苦悩
先日、大阪の古本屋をうろついていたら、遠くから視覚に飛び込んでくる女性が。

それはカシニョールだった。

私が幼いときに、メディアを賑わせていた、フランスの男性画家、カシニョールが描いていたあの女性。
しばらく、全く忘れていたけど、懐かしい友人に出会った気分。
その画集を開くと、物憂げな女性が、散りばめられていて。

「ああ、幼いときにメディアに散乱していた女性が私の魂の心髄に潜り込んでいたのだ、それを自分なりに消化して、
自分なりの物憂げな女性として表現し直していたのか」

幼いときに、その女性をたくさん見てきて、何か気になってずっと心に残っていたのだろう。

と気づきました。少しびっくりしました。
f0367351_10262229.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-15 10:27 | 五感MAX震撼
もの作りと平行して、実は、あらゆる公募展に絵を描いて、応募しまくっているのですが、ちっとも引っかからない。

描いては落ち、描いては落ちの繰り返し。

この世界は、どんなに努力しても神様は味方してくれない、非情な世界、それが芸術。
それは音楽の世界にも共通します。

どんなにコツコツ努力しても、報われないのがこの世界。
そして、その判断基準も、よくわからない。
試験のように、客観的評価があるわけでもなく。
技術をどんなに磨いても、そこは非情な世界。
チャレンジャーは、訳がわからなくなる。

そこには「運」も大きく作用するのです。
どう折り合いをつけながら芸術と生きていくか。毎日の課題です。
f0367351_00581538.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-14 07:50 | 制作苦悩
先日作った造形物、
色を塗り重ねたり試行錯誤を重ねたけど、脳内イメージとほど遠い。

リアル物と脳内イメージの対峙。
その繰り返しを何度も積み重ねて、今までも作ってきた。

小学生の頃、家庭科は大嫌いで居残り組だった。

大人になって、ミシンを使いたくても、糸通しがわからず、何度もブチギレながら、
何時間もかけて糸を通す、その繰り返しだった。

最初はそこからで、どんだけの時間をかけてミシンを自由自在に使えるようになったのだろうか。かなりの時間を割いてきた。
技術的にはまだまだだけど。

慣れない造形物ならなおさら、ここからがスタートといった感じ。
とてもじゃないけど、商品価値に一ミリもならない・・・。

ものづくりは一筋縄ではいかない。
脳内イメージと違ってたら、迷わずダストボックスへGOだ。
また、最初から繰り返し、作ろう。
f0367351_09510953.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-13 09:53 | 制作苦悩
先日からバイオリンのマンツーマンレッスンに通い出した。
そんなところにお金をかけて、こんな年齢になって、私は一体何を望んでいるんだろう?
何になるつもりだろう?
ま、いいや。

わたしのバイオリンの弦がきれかけてて、状態がよくなかったので、
レッスンで借りたバイオリンを弾いてみたら、その音色のよろしくないこと。

量産されたバイオリンの音色はヒステリックの声に似ている。
吐き気がする。
耳元で、キイイイイ!!!と叫ぶのだ。

無理だ、めまいがする。とてもじゃないけど、耳元でヒステリックが叫ぶために、高いお金払って、精神衛生を悪くしにいっているは意味がわからない。

量産は作り手の気持ちが入っていないから、凄い音。
もの作りに似ている。

量産品は、買い手に何の感動も与えない。
機能的価値だけ。
それはそれで、機能をはたしているので、ニーズとマッチングしていれば適材適所ということだ。

メンテナンスをよくして、次回から私のバイオリンで弾こう。

家にある子どもから大人サイズのバイオリン達。
f0367351_13395994.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-12 13:42 | 音楽について
東京近郊の方、宜しくお願い申し上げます。
お近くにお立ち寄りの際はどうぞご覧くださいませ。

2017年5月10日(水)~21日(日)(火曜定休、臨時休業あり)
11時から18時まで
東京近郊の方はお近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。
猫まみれです(*´∇`*)

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-12 13:34 | グループ展
自ら描いたテキスタイルに夢見がち象をのせる。うん、夢見がちになった。
f0367351_08341682.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-11 08:57 | 作品紹介
布からいったん、距離を置くことがよくあります。細部に眼がいきすぎ、アイデアが浮かんでこない。
そんなときは、全く無関係のことをしたり、造形に戻ったり。

人間関係でもそう。
距離近すぎは、何かとトラブルになりがちで。

富士山も、遠くから見れば綺麗で幻想的。
しかし近づけば岩がゴロゴロ。

近づきすぎは、汚い部分や見たくない部分が見えてしまうのはこの世の常で。

下記、花から産まれた妖精たち。
ブローチにしようかなと考え中です。
f0367351_11033903.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-10 11:14 | 制作苦悩
朝、ドローイングしたテキスタイルに異素材を載せてみる。
異素材の融合、自ら描いたテキスタイルにレースなどをコラボさせる。
どうしたら面白くなるか。試行錯誤のスパイラルに陥る。
まだ考え中。
f0367351_18283333.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-09 18:29 | 制作苦悩
ダイレクトに布に着色。EURO系の曲をガンガンに部屋に充満させ聴きながら踊りながら描く。
タイトル♥道ならぬ恋に心乱れ、咲き乱れ、パッと散りゆく

f0367351_09291247.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-09 09:29 | 作品紹介
新聞が床に散乱するので新聞入れを作ってみました。木の実で装飾しています
f0367351_15352105.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-05-07 15:40