手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今働いている会社は、おそらく平均年齢28才くらい。
そんな若者達に囲まれて、私おばさんが、ひとり、PCにむかう。

で、後ろのほうで、若者達の会話。
「○○さん、スマホがバブっちゃって」
バブっちゃって・・・
バブル・・・
バブ・・・
バブル、ああ懐かしい、華やかなあの時代。
それとも、スマホが赤ちゃんがえり?
ってちがうか。脈略がつながらない。
意味わかんない。

若者がさっぱり何言っているのかわからん。
あとで、バグると言う意味だと判明。
バグるもさっぱりわからなかった。

まったく会話が何言ってるのか、わからない段階。

おそらく、作品も、10年以上前のままの感覚でつくっているから、
客観的に、若者から見たら古くさいデザインとアイテムかもしれない。

やはり、若者にまみれていると、色々、勉強になる。
時代は、刻一刻と、進んでいくのだ。
知らない間に。
若者って、私は翁か。
f0367351_13572698.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2018-01-20 13:58 | 五感MAX震撼
今年も
協催、川西市、
のきんたくんギャラリーに参加させて頂きます。

昨年は2000人以上の方に作品を見て頂きました。
今年の参加も楽しみにさせて頂きます、宜しくお願いします。

↓その作品を現在制作中。5足の草鞋で隙間時間にできるか。悩みどころ。とにかく隙間時間で少しずつでも進まなければ。少し焦ってくる。
f0367351_14411171.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2018-01-18 14:43 | 催事イベントなど
会社勤めをしていて日々つくづく感じるのですが、やはり、会社というのは、
重要視されるのはプロセスではなく、すべて、
「結果」。

どんな紆余曲折があり、
どんな試行錯誤があり、
どんなに苦労したって、
どんなにわかってもらいたくても、
求められるのは
「結果」。

業種にもよりますが、たいがいは結果で判断される。

結局出来映え、終わりよければすべてよし。
「結果」のみが重要視される。

それらは、客観性に基づいているものであるからです。

対してものづくりはもちろん結果の出来映え、技術的な面が大事だけれども、
その裏にある深みや、作品に対する思い、要するにプロセスも、作品な感じがします。

アート作品を見ていただいてそれぞれそれ主観で判断されるのですが、その作品がどういう思いで出来たのか、その思いもアート作品なのでこうして制作のプロセスを載せています。
その点は、会社の仕事と違い、アートは非常に魅力的で。

これは子育てにも通用する観念です。
子どもは結果で結論づけられると行き場がない。
結果に行き着くプロセスを見てあげる。
アート=子どものように育ててあげると言うことです。
↓展示予定のクモの巣を本物の木に絡めていく。
f0367351_11575455.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2018-01-13 12:17 | 五感MAX震撼
本日、アトリエシード様に納入させて頂きました。宜しくお願い申し上げます。
今回は、うさぎ作品が多いです。
猫は飼ったことなくて、創造でいつも作っていますが、ウサギは飼ったことがあります。
2匹飼ったことがありまして、オスは気が弱くやさしかった。
その後、飼ったメスは気がきつくて、よく噛まれました。゜(゜´Д`゜)゜。
人間もそうかもね。一般論として当てはめるのはおかしいけれど。
気のきつい女って言うのは○○◌・・・。
↓下記一部納入です
f0367351_09460636.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2018-01-09 09:48 | お知らせ
あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます。
皆様の年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
年末になんとか、制作の80パーセント終えて、
久しぶりにゆったりとした年始の時間、スケートしたり、読書したりしました。
で、前から気になっていた村上春樹の、三日かけて、騎士団長殺しを読破。

人間の心理に興味あった私は大学で、ユングに傾倒しました。

村上作品は、ユング的要素がちりばめられています。
今回もでるわでるわ、ユング的要素。象徴の数々。

村上春樹の本は全て読破していたので、今回もすごく興味深く、読み進めていきました。
おお、いつもの春樹っぽいと興奮しながら読み進めます。
それに加えてイデアやメタファーをめぐる哲学的な問答、二律背反、大好きなテーマが凝縮されています。

私の作品のコンセプトも、ユングの普遍的無意識が、作品にちりばめられたら、という思いで作り続けてきました。

思春期の女の子の言動には、?と思いましたが、やはり、天才、春樹ですね。
ざっと読み進めましたが時間があれば深読みしたい作品です。
作品の材料にもなります。
f0367351_13555526.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2018-01-05 14:21 | お知らせ
年末に凄く思う。どんなビジネスも、要するに、人。
人様の力添えによって、色々なことがたくさん、できました。
というか、させていただきました。
それは今年に限らず今までも。

ハンドメイド業界もさることながらサイドビジネスで出会ったたくさんの様々なオーナーや社長に出会ってきて思うこと。
公私混同していたり、エゴの塊のタイプと、カリスマ性があり、公のことを考えている人と2極化されます。

妄想や主観の塊で、一時の感情にまかせて人をぞんざいに扱うような人はプロとして、失格です。関わらないよう逃げます。

なぜなら、そんな人と関係を持っても、今後、信用できないうえに、仕事に集中できないからです。
とにかく、良いご縁もあれば、悪いご縁もある。悪いご縁は断ち切ることです。

そして、いっぽうでたくさんの建設的で前向きな方々のご縁のお陰で、たくさんの良いエネルギーを頂いて活動させて頂いています。

作品の力以上に皆様のお力添えで、続けてこれました。

人生は有限です。
悪い縁は断捨離して、尊敬できる素晴らしい人様に囲まれて、来年も向上していこうと思います。
ありがとうございました。
良いお年を。

f0367351_23005456.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-28 10:58 | 五感MAX震撼
仕事納めの方、まだ、仕事が残っている方いらっしゃると思います。

私も本日勤務先の仕事納めでした。
しかしまだ、様々なサイドビジネスの未回収金が残っているのでその残務処理などに追われています。゜(゜´Д`゜)゜。

そして、皆様に支えていただいた、制作もまだ、残ったまま・・・。
まだ、手を付け加えないと未完成のままです。
制作を年末までになんとか仕上げたいものです。

慌ただしすぎる年末です。

ご縁のあった皆様、今年も大変お世話になりました、来年も宜しくお願いいたします。
来年も皆様にとって良い年になりますようお祈り申し上げます。

タイトル:切なさを嫌と言うほど抱きしめるために生まれてきた↓
f0367351_15170584.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-26 15:23 | お知らせ
製作中の作品が徐々に仕上がってきました。
タイトル:切なさを嫌と言うほど抱きしめるために生まれてきた↓

で、人生(命)はつくづく有限だなあって思う経験が多々あって。
そして今までの命の中で、たっくさんの切なさに出会ってきて。
出会いと別れが交錯して。
泣いたり笑ったり悔しかったり・・・をMAX感じてきて。嫌になるほど五感が刺激されて。
宇宙的視点から見たら私個人の命なんて一瞬にすぎないけど。

で、残りの人生、まだまだやり残していることがたくさんあって。

これからどんな切なさに出会うのだろうか。
有限な人生で、やりたいことしまくったら、悔いはないんだろう・・・か?
f0367351_22520638.jpg




[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-22 23:02 | 五感MAX震撼
家でいろんな仕事のフリーランスをしていましたが、ある意味自由すぎて、なかなか、創造性が生み出されない。
で、ある組織に身を置いて、合理的で自らの人生の時間を切り売りする世界に少し飛び込んでみた。

思えば、ブランドを立ち上げた当初は、会社員でした。
そのころはまだ趣味の延長だったけど、合理的な世界で自分の時間を切り売りしていたので、抑圧された感情が爆発して、創造があふれ出た気がする。

自分の場合、時間的に拘束され、合理的な世界に身を置いた方が、創造性があふれ出すかも。
自由すぎたら、創造が枯渇するんですね。

↓結局、顔が気に入らなくて横顔にした
f0367351_10192952.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-14 09:48 | 制作苦悩
需要と供給が必ずしもマッチしないにせよ、作っているときはただ無心でいられる。
制作は私にとって欠かせないライフワークかも。
色彩が悲しみから解放させてくれる。
f0367351_09593391.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-12 09:59 | 制作過程
にやついた顔をみているとイライラしてきた。ニヤついた顔がどうしても許せなくなってきて、またやり直し。゜(゜´Д`゜)゜。

f0367351_10352885.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-11 10:35 | 制作苦悩
毛糸の髪の毛がどうしても気に入らなかった。妥協で作ると、いつもこうなる。
f0367351_09530375.jpg
f0367351_09521347.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-11 09:54 | 制作苦悩
顔を試行錯誤する。何度も何度もやり直しては生地を裂く。
やっと、満足いく顔ができた。
8割方できました。
f0367351_10593792.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-05 11:00 | 制作苦悩
邪念もぬぐい捨てて、心を一点に集中させます。
全身全霊で、無機質なものに、魂を吹き込みます。
生命を吹き込みます。
f0367351_11235572.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-04 11:24 | 制作過程
先日作りつつある作品のプロセスにおいて。
もっとカオスを目指して作っています。

もっとカオスにしたけど、布を積み重ねていくと、針が折れる可能性がある。゜(゜´Д`゜)゜。

f0367351_10272631.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-12-03 10:27 | 制作過程
裂いたり、赴くままにした布を結合する。
もっとカオス的に表現したいなあ。
f0367351_16121926.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-30 16:12 | 制作苦悩
裂く、切る、ざくざく縫う、思うがままに。
とりあえず、ビジネス的なことはサイドに置いておいて、
本能の思うがままに、布と戯れる。

無意識の世界との対話、自問、なんか苦しい。

f0367351_09055537.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-30 09:06 | 制作苦悩
引き寄せは、合理的な性格の時は、まったくスピリチュアルについて信用しませんでしたが、
しかし180度価値観が変わる出来事が多々あり、
目に見えない世界があるのだと知りました。

で、幸せは自分の中にある
という結論に至り。

人生は思いのまま、自由に操作できるのですよね、実は!

最近は、制作のエナジーの波動はさがっているものの・・・。
他の分野ではとても楽しいのです。
友達と冗談言い合ったり、新しく音楽仲間に会えたり。
わいわい、やっている。

波長の高い人たちに囲まれて、人生を有意義に過ごしたい
と常日頃思っているので。
悪口や嫉妬深い人がびっくりするほど周りにいません。

合理的な性格時代は、なぜか、嫉妬や、悪口、相手を引きずり落とすような
そんな連中に囲まれていました。

それは、自分が引き寄せていたからなのです。

それをなんとか、制作エナジーに転換できないか。

↓また、自然の命の一部をいただく。それを布と自然の融合として作品にする。
f0367351_09274576.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-29 09:27 | 制作苦悩
主よ人の望みの喜びよ をバイオリンで弾いていたら、無性に作りたくなった。
音楽が、制作のヒントを与えてくれた。
ありがとう、音楽。ありがとう、バイオリン。

なんとか、布ばさみを持ち、断ち切る。
なんて、布ばさみって重いんだろう。昔のやつは。

重すぎてめげそうになる。。゜(゜´Д`゜)゜。

f0367351_12123589.png




[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-28 12:13 | 制作過程
さて、秒速0.05cmでまったりと制作に取りかかる。
今日はここまで。
f0367351_09215172.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-28 09:22 | 作品紹介
久しぶりに、作ってみようかと思う。
まったく、制作から離れていた、というか、かなり距離を置いていた。

15年前、あれほどビジネスと絡みあわせて、とても楽しくつくっていた制作が、
今は、ビジネスが絡むと、制作が苦痛になる。

人生観が180度変わったからか。
周囲についていけなくなったか。

今は、ただ純粋に、思うがままに作ってみたいと思う。

↓トネリコの木に、ペインティングをする。
f0367351_15241246.jpg
↓トネリコの木
f0367351_15242826.jpg
↓トネリコの命をいただく。
f0367351_15255721.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-26 15:30 | 制作素材
今日仲間と漠然と話していたこと、、、
もっと実用的なものが作れないかな、、と。
個性の強いブランドはそのままおいて、
本当にお客様が必要とする実用的なもののブランド立ち上げについて。

それは、個性を全面に出さないもので、本当に使いたいもの、という結論に至った。

けど、手伝ってくれる仲間は、ミシンの初心者。
志はあっても、いちから技術を教えないといけない。

でも、仲間と共にやるのも楽しいかも。

人生は有限。
後悔しないように、やりたいように生きるきるのが、コンセプト。
ゆっくりでも、前に進みますか。



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-21 18:54 | お知らせ
いまだ、制作意欲、皆無。
仕方ない。制作の神様がちっとも降りてきてくれない。こればかりは仕方ない。
毎日朝から晩までPCにむかって何千字打ち込んでいる日々。
視力が落ちてきた。やばい。

制作意欲が沸かなくて、困っていると、昨日の情熱大陸を見た。
また、天才をみつけた。
科学者、落合陽一氏。
彼は徹底した合理主義者だ。
好きなことのためなら、無駄を省く。食事の時間も削減する。

好きなことに向き合うことは、食事の時間ももったいない。
わかる気がする。
かつて制作していたときの感覚がそうだった。

少し忘れかけていた刺激をもらった気がした。
また天才を見つけた、凄い人がいるのだなあ。
凄い人からは刺激を受けるし、応援したいと思う。

↓最近、拾った実でリースばかり作ってる。リースは丸めるだけなので、作れる。
f0367351_12591571.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-20 13:00 | 五感MAX震撼
最近、全く制作意欲がでなくて、困っていたのですが、木の実と板を見たら、かなり久しぶりに創造の神様がおりてきてくれた。
f0367351_17293014.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-11-05 17:29 | 五感MAX震撼
昨夜の台風は凄かった!
皆様ご無事でしたでしょうか?
選挙で日本列島が沸く中、それに勝る勢いで台風の嵐といったら!
家は揺れるし、音は凄いし、眠れませんでした。
昔の人は自然に脅威、畏敬を感じて芸術や宗教にしてきたのだったと思います。
起きたら様々なものが散乱してて、搔き荒らされてました。
電車も動いてないし、どんなに合理的で秩序だった世界でも自然の威力にはかなわないなと。

嵐の前の静けさ→嵐→過ぎ去った後の破壊→創造
といったかんじで音楽が出来そうです。

皆様、ご無事をお祈り申し上げます。
f0367351_13200525.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-10-23 13:20 | 五感MAX震撼
しばらくプライベートでバタバタしていたら、ミシンもめっきり使わなくなったし、
バイオリンもめっきり弾かなくなったし。
そしたら顕著に表れたのが、久しぶりに使うとミシンは調子狂うし、
バイオリンのかすれた声といったら!

放置してたら、ミシンやバイオリンが
「なんでしばらく放ったらかしにするわけ?わたしの存在忘れた?」
とか、文句言ってるようだった。

やっぱ、大事にしなきゃ、彼女たち、怒るわけですよ。魂が宿ってるんですよね。
人間だけじゃないんです。

ものに魂が宿っているというアニミズム的な考え方は、日本人特有もので
八百万の神とか、ものを神格化するということは日本人が昔持っていた感覚なのです。
今は大半忘れたかのように、生きてるんで。
心が殺伐するというか。

ごめんなさい・・・
f0367351_12122695.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-10-17 12:12 | 五感MAX震撼
私の表現手段の1つであったブックカバーですが、時代を経るにつれて変わったなと思うことが。
15年ほど前はブックカバーの需要はありました。

本はまだまだ紙媒体が主流だったからです。
しかし今は、本を読む購買層も減り、さらにipadで読む人が増えてきた。

それはブランク8年後の活動の際にうすうす気づいていたのですが。
しかしブックカバーほど適切なサイズで表現出来るアイテムはなかったわけです。

で、従姉妹達に相談してたら、やはりズバリと上記思っていたことを指摘されました。

確かに私自身、本中毒で一日一冊は読むほど好きですが、本は家で読む程度だし、
ブックカバーをつけたとしても、誰に一体タイトルを隠すのか?という疑念がわきます。

例えばAIの普及で将来無くなるものも沢山増えるんだろうな。それは巷で言われていますよね。
仕事の職種によってはなくなるものも増えると言いますよね。
時代によって無くなるもの、出来るもの、それに臨機応変対応していかなきゃならいのですがね。

↓かつてつくっていたブックカバー   迷える子羊、迷ったまま家に帰れない 初期の頃
f0367351_10032829.jpg
f0367351_10010519.jpg

[PR]
# by atelier-madoka | 2017-10-05 10:07 | 制作苦悩
大阪近鉄、上本町催事ありがとうございました。昨日終了しました(o_ _)o

女性画家であった上村松園は、なぜ女性なのにあんなに色気のある女性を表現できるのか?
女性であるけれど男性目線のフィルターを通して女性の色気をみつめていたのか?
とか色々考えていました。

最近、思うがままにただただ色気のある人を描きたいという欲望がまた再燃してきました。
男女問わず。

しばらくかわいい系を作っていたので反動で。
一年を通してサイクルがあるらしく。

純粋かわいい系を作ってしばらくすると、色気の溢れる人を描きたくなったり。
明るく眩しいものを表現すれば、暗いじめっとしたものを表現したくなったり。
かと思えば、全く創りたくもなくなったり、絵具や布、ミシンを見るのも嫌になったり。

自分でもコントロールしなければと思うのだけど、(反省)
たぶん、心の中でバランスをとってるのだろうなと。

最近はかわいい系をつくっていた反動で、
いかにしたら女性のうなじを色っぽく表現できるか
とか
ヌードでないけどいかにしたら圧倒的なものが表現できるか
とか、そればっかり考えています。

見たいなあ↓
↓色気のある理想の女性像を表現してみた
f0367351_10105314.jpg
↓上村松園様のこの絵が個人的に一番好きです。怖いけど美しい。ゾッとするような存在感。クモの巣も最高だ!
f0367351_10181385.jpg
出典 http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=A11098
東京国立博物館


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-10-04 10:11 | 五感MAX震撼
「努力は大事だ」とか、
「努力しないお前が悪い」
とか、小さい時から親や先生(特に塾)にいわれた言葉。

随分、努力に振り回されてきたなと。

努力したら、夢に近づくと言われ、若い頃は努力したら、夢が叶うと思ってきたし、努力したら、ある程度願いがかなっていました。

ところが、生きてきて、努力をどんだけしても、叶わないことが、多々でてきてきました。

それは病気だったり、人の心だったり、才能だったり。
今もまさに。
努力しても叶わない。

親や先生、うそつきや~ん、、、って思うのです。

努力に振り回されてきて、叶わない夢に執着して、努力しなかった私が悪いと攻めてた時期もあったけど、若い頃かなってきた夢は努力だけでない人の助けや、運が良かっただけ。
努力したから、夢が叶う程、この世界は単純じゃない。
目に見えないものに任せることも大事なんだなあとおもいます。
f0367351_10244108.jpg


[PR]
# by atelier-madoka | 2017-09-29 18:59 | 人生について
昨日から大阪で催事始まりました~よろしくお願い申し上げます。

先日他の事業で困ったことがあり、たくさんの人に相談しておりました。
お陰で、解決できました。

誰か解決してくれるだろうとか、問題があっても先送りするとか、
そうするとどんどん解決から遠ざかります。

困難にいかに立ち向かうか。
1人では解決不可能だと思ったことは助けを求める。
やはり小さい頃から自発的に考え抜き、他者にアクションする力がないと、
待ってても何も解決しません。

全ての物事において必要なコミュニケーション能力。
本当に大事だなあと痛感しました。

f0367351_12383414.jpg



[PR]
# by atelier-madoka | 2017-09-28 20:01 | 人生について