手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:制作苦悩( 35 )

私の表現手段の1つであったブックカバーですが、時代を経るにつれて変わったなと思うことが。
15年ほど前はブックカバーの需要はありました。

本はまだまだ紙媒体が主流だったからです。
しかし今は、本を読む購買層も減り、さらにipadで読む人が増えてきた。

それはブランク8年後の活動の際にうすうす気づいていたのですが。
しかしブックカバーほど適切なサイズで表現出来るアイテムはなかったわけです。

で、従姉妹達に相談してたら、やはりズバリと上記思っていたことを指摘されました。

確かに私自身、本中毒で一日一冊は読むほど好きですが、本は家で読む程度だし、
ブックカバーをつけたとしても、誰に一体タイトルを隠すのか?という疑念がわきます。

例えばAIの普及で将来無くなるものも沢山増えるんだろうな。それは巷で言われていますよね。
仕事の職種によってはなくなるものも増えると言いますよね。
時代によって無くなるもの、出来るもの、それに臨機応変対応していかなきゃならいのですがね。

↓かつてつくっていたブックカバー   迷える子羊、迷ったまま家に帰れない 初期の頃
f0367351_10032829.jpg
f0367351_10010519.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-10-05 10:07 | 制作苦悩
感情や気分に左右されない「神の手」があれば・・・と思います。
ロボットになりたいとかって、時々思う。時に感情が邪魔で仕方ないのです。
こう思う時点でプロじゃない(泣)

時々ロボットになりたいと。

会社員時代はいっそ、ロボットになり、感情を抹殺したいとよく思っていました。
感情ほど、合理的な社会では邪魔で。
ドロドロした人間関係も、うざいなあとかよく思っていました。
仕事の時はロボットになればいいのにとか思っていました。

想像するときは人間で、縫うときはロボットになりたい。そんな都合良く行かないか。
気分によって、裁縫技術が左右されるので、プロならそれを避けたい・・・
プロならすべて完璧に出来るべきなのに、とにかく努力すたしかない。

↓まっすぐに縫い直し、やり直した作品
f0367351_15591412.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-09-13 16:08 | 制作苦悩
今日はひたすらクモの巣を作っていた。
誰かを引っかけてやろうかなΨ( `▽´ )Ψ

帽子にも葉っぱを立体的につけてみる。毛糸の季節もうすぐですね。

毛糸は色彩が、彩りが豊かになるので大好きです。

神様!この世界に彩りを与えてくださり、ありがとうございます(o_ _)o
f0367351_20250689.jpg
阪急百貨店で展示中です、宜しくお願いします。
f0367351_10215991.jpg
f0367351_21241238.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-16 20:25 | 制作苦悩
脳内イメージとマッチングなかなかしないので苦しむ。
PCに取り入れて色つけしたらイメージとはほど遠い、。゜(゜´Д`゜)゜。

なんどもなんども試行錯誤だ。

f0367351_13253701.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-15 13:26 | 制作苦悩
皆様、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

私の作品で、こだわっているのは、実は作品以上に言葉なのです。

現在、別名ライターの仕事もしていることもあり、私の人生で言葉へのこだわりはかなり強く、言葉は常に私の側にあり、分身でした。

言葉1つで人を傷つけ、場合によっては命を奪う場合もある。
言葉1つで人を癒やし、場合によっては生きるエネルギーを与えることもある。

ですので、作品1つ1つにつけられているタイトルは、脳内から絞り出し、考え抜き、捻出した言葉達です。

お客さまに喜んで頂きたい。
お客さまを楽しませたい。
お客さまを驚かせたい。

良い夏休みをお過ごし下さいませ。

私の今年の夏の思い出↓ 
浮き輪があっという間に流れていった。手を伸ばしてもどうしても掴めなかった。彼は私の身代わりになった。
f0367351_22271087.jpg




[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-14 22:27 | 制作苦悩
陽が強ければ強いほど陰の力が強くなる。゜(゜´Д`゜)゜。
最近かわいい系ばかり作ってきたからまた万人受けしない絵を描いてしまう。゜(゜´Д`゜)゜。

光と影
陰と陽
は重なり合っているのでどちらかが強くでると
片方が強烈な勢いを増して出現してくるのだ。゜(゜´Д`゜)゜。

これこそ人生の象徴。
↓取り憑かれたようにピアノを弾くピアニスト
f0367351_07541083.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-04 07:54 | 制作苦悩
芸術表現をするときに、綺麗な物ばかり見てきたわけじゃない、むしろ、汚い部分を沢山見てきたつもりです。

遠回りをして、たくさんの経験をしてきたからこそ、作品に昇華できるのだと思います。

全く異分野のビジネス社会で、嫌になるほどの嫉妬や、理不尽、人間のもつ汚いドロドロを沢山見てきたり。
一方で人間の温かさも肌にしみたり。

手術を何度も経験して、極限状態も経験し、論理では説明できない命の尊さを、神様から教えてもらったり。

当時はしんどかったけど、いろんな経験をしたからこそ、内部に渦巻く感情を、作品に投影できるわけだなと気づきました(*´∇`*)

↓ 何、にらんでんのよ!? 世間の汚さも見てきた、ひねくれネコチャン

f0367351_17475744.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-30 16:05 | 制作苦悩
芸術は2種類ある。
時系列におっていく音楽と、空間的表現で全体を俯瞰する絵画と。
音楽、絵画どちらもかじっている私はその違いの面白さに驚愕する。

音楽は音符を忠実におっていくので、時系列的表現になります。
一方
絵画的表現は全体をパッと見る人にインパクトを以下に与えるかの、全体をみた俯瞰的表現になります。
将棋のプロなんかは、俯瞰力に優れていて、配置をパッと見ただけでどの駒を動かすかわかります。

同じ芸術表現でも全く手法が違って面白い。
f0367351_08412759.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-26 08:41 | 制作苦悩
バイオリンのレッスンに通っているのですが、バイオリンの弦の調整、
つまり音合わせでレッスンの大半を使います(T ^ T)

私は高い月謝払って、焦っていましたし、先生は意地悪しているのかと思いました。

レッスンはほぼ進まない(T ^ T)

1ミリでも弦の調整が狂うと、全く音が変わる。

それくらい、神経質、繊細でないと、やっていけない楽器なのです。

物心つく前からバイオリンをしてましたが、私はどちらかというと感覚ばかりが肥大化していった。

先生は言いました「バイオリンは理論と感性が融合されていなければならない」と。

ハンドメイドにも通じます。技術と感性が融合されていなければならないと。

f0367351_22322872.jpg





[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-13 22:33 | 制作苦悩
時々、動物や人物以外も楽器も作っています~下記はブローチ。
ごめん!! 音は鳴らないけどね!
f0367351_09013681.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-01 09:02 | 制作苦悩