手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:制作苦悩( 42 )

脳内イメージとマッチングなかなかしないので苦しむ。
PCに取り入れて色つけしたらイメージとはほど遠い、。゜(゜´Д`゜)゜。

なんどもなんども試行錯誤だ。

f0367351_13253701.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-15 13:26 | 制作苦悩
皆様、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

私の作品で、こだわっているのは、実は作品以上に言葉なのです。

現在、別名ライターの仕事もしていることもあり、私の人生で言葉へのこだわりはかなり強く、言葉は常に私の側にあり、分身でした。

言葉1つで人を傷つけ、場合によっては命を奪う場合もある。
言葉1つで人を癒やし、場合によっては生きるエネルギーを与えることもある。

ですので、作品1つ1つにつけられているタイトルは、脳内から絞り出し、考え抜き、捻出した言葉達です。

お客さまに喜んで頂きたい。
お客さまを楽しませたい。
お客さまを驚かせたい。

良い夏休みをお過ごし下さいませ。

私の今年の夏の思い出↓ 
浮き輪があっという間に流れていった。手を伸ばしてもどうしても掴めなかった。彼は私の身代わりになった。
f0367351_22271087.jpg




[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-14 22:27 | 制作苦悩
陽が強ければ強いほど陰の力が強くなる。゜(゜´Д`゜)゜。
最近かわいい系ばかり作ってきたからまた万人受けしない絵を描いてしまう。゜(゜´Д`゜)゜。

光と影
陰と陽
は重なり合っているのでどちらかが強くでると
片方が強烈な勢いを増して出現してくるのだ。゜(゜´Д`゜)゜。

これこそ人生の象徴。
↓取り憑かれたようにピアノを弾くピアニスト
f0367351_07541083.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-04 07:54 | 制作苦悩
芸術表現をするときに、綺麗な物ばかり見てきたわけじゃない、むしろ、汚い部分を沢山見てきたつもりです。

遠回りをして、たくさんの経験をしてきたからこそ、作品に昇華できるのだと思います。

全く異分野のビジネス社会で、嫌になるほどの嫉妬や、理不尽、人間のもつ汚いドロドロを沢山見てきたり。
一方で人間の温かさも肌にしみたり。

手術を何度も経験して、極限状態も経験し、論理では説明できない命の尊さを、神様から教えてもらったり。

当時はしんどかったけど、いろんな経験をしたからこそ、内部に渦巻く感情を、作品に投影できるわけだなと気づきました(*´∇`*)

↓ 何、にらんでんのよ!? 世間の汚さも見てきた、ひねくれネコチャン

f0367351_17475744.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-30 16:05 | 制作苦悩
芸術は2種類ある。
時系列におっていく音楽と、空間的表現で全体を俯瞰する絵画と。
音楽、絵画どちらもかじっている私はその違いの面白さに驚愕する。

音楽は音符を忠実におっていくので、時系列的表現になります。
一方
絵画的表現は全体をパッと見る人にインパクトを以下に与えるかの、全体をみた俯瞰的表現になります。
将棋のプロなんかは、俯瞰力に優れていて、配置をパッと見ただけでどの駒を動かすかわかります。

同じ芸術表現でも全く手法が違って面白い。
f0367351_08412759.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-26 08:41 | 制作苦悩
バイオリンのレッスンに通っているのですが、バイオリンの弦の調整、
つまり音合わせでレッスンの大半を使います(T ^ T)

私は高い月謝払って、焦っていましたし、先生は意地悪しているのかと思いました。

レッスンはほぼ進まない(T ^ T)

1ミリでも弦の調整が狂うと、全く音が変わる。

それくらい、神経質、繊細でないと、やっていけない楽器なのです。

物心つく前からバイオリンをしてましたが、私はどちらかというと感覚ばかりが肥大化していった。

先生は言いました「バイオリンは理論と感性が融合されていなければならない」と。

ハンドメイドにも通じます。技術と感性が融合されていなければならないと。

f0367351_22322872.jpg





[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-13 22:33 | 制作苦悩
時々、動物や人物以外も楽器も作っています~下記はブローチ。
ごめん!! 音は鳴らないけどね!
f0367351_09013681.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-01 09:02 | 制作苦悩
私はかなりの活字中毒で、心理学から社会学、哲学から経済学、自己啓発を中心に月に25冊は読んでいて、寝る前に読まないと眠れないという、悪癖があります。

これを生かして、書くことも好きなので、他に別名ライターという仕事もしているのですが。表現することは一貫していますね。

絵本も、絵本のような世界がコンセプトであるので、今まで累計5000冊は読んできました。
その中でも本当に良い絵本は数冊だった。
それくらい、いい作品は少なくて。
本当にいい本は心の心髄を打ちたたくのだ。

いきすぎた市場原理主義に渇を入れた、
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

親の心が痛いほどわかる、
小学生のボクは、鬼のようなお母さんナスビを売らされました』

本当の強さを教えてくれる
『世界で一番強い国』

めちゃくちゃヤンチャに生きてみたい
『あくたれラルフ』

などあります。
まだありますが、以上は大人向けでも充分、通用するような絵本です。
オススメです♥
f0367351_13335811.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-06-26 13:34 | 制作苦悩
先日、アトリエシードのオーナー様と話していたのですが、
とにかく、あきらめるな。ライフワークとして細く長く続けると言うことだ。
という答えがでてきました。

正直若い頃、寝食忘れて、かなりのエネルギーを制作に投入していたと比べて、

★若い子の感覚から遠ざかっている ⇒ 若者ターゲットから離れつつある。万人受けを狙わなくて良い。
★体力的につらくなってきた    ⇒ 年齢には抗えません、仕方ないか。経験値があるので作品に投影すればいい。
★生活の雑多なことに追われてしんどくなってきた ⇒ 合理的に削減できるところは工夫すれば解決できる

ということに取り憑かれ、くたびれてしまって、激しいスランプに陥ってたりと、思わず弱音をはいちゃったんですね。

しかし、オーナー様は
「とにかく続けたほうがいい」
とおっしゃってくださり、低空飛行で今にも落ちそうな私をすくい上げてくださったのです。
勇気づけを沢山頂き、それからまた、再び、飛んでみよう、低空飛行でもいいので、細く長く。と思いました。

オーナー様とのご縁に感謝します(o_ _)o

↓新たな動物の目鼻を大量に、納得するまで描きまくる。全く納得できる目鼻立ちが出来なくて、頭かきむしる。
f0367351_11334320.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-06-22 11:07 | 制作苦悩
自分が抱きたくなる作品を!
お客さまのことがわかっていないということは、自分がわかっていないということです。

自分がその作品を見て、どう思うか?

アーティストなら、我を突っ走ればいい。
どう思われようが、とことん、我流を通せばいい。

しかし、お客さまがいるという立場上、お客さま第一に考えなければならない。
お客さまがいる業界はすべて。

ライター業でもそうだ。

その作品、記事をみて、一目惚れするか?抱きしめたくなったり、読んでみたくなるか?

すべてお客さまがいるので、我を通してはならないのです。
↓作りかけ、お座りネコチャンポーチ。しっぽ、飛び出しまくってるよ( ^^)
f0367351_11164521.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-06-02 11:18 | 制作苦悩