手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:音楽について( 5 )

私は本の依存症という病にかかっているのですが・・・
本を最低一日一冊は読まないと眠れないという病気・・・
ライターの仕事でも沢山の知識を得ないと書けないので勉強もかねてですが。

今週は、音楽系を3冊
バイオリニスト 千住真理子さんの本。
そこからは、2足の草鞋のほうが潰しがきくということを学びました。
それは私も潜在的に思っていたことが書かれていて共感を覚えました。
彼女は12才で既にプロになりました。大学は音大でなく慶応へ。
その、2足の草鞋を勧めたのは手塚治虫氏だったそうです。
もちろん、1つのことを極めるのも非常に大事です。私にはできません。
様々な考えがあり、一概に言えないですが1つのことを極めるのも大事ですが、
沢山の教養があったほうが俯瞰できるというか。そんなことを思いました。

二冊目はこれまた私の大好きなフジコヘミングさんの本で、彼女も相当苦労した。
そこの一文に、芸術はプロセスの時点ですでに元が取れいてるとかかれていてなるほどと思いました。
完成形にもっていくためのわくわく感、それはすでに自分のためでもあるんですよね。
私も私自身の精神衛生的にものづくりをさせていただいて、とてもワクワクした高揚感があるので、
本当に作れる環境にいるということがありがたいのです。

最後は、左手のピアニストである館野泉氏の本。常識的に考えると、ピアノは両手で弾くと思いますよね。
しかし彼にどんな窮地に立たされても、たちあがる勇気をもらいました。

共通することはどんなに名が知れてもそこにたどり着くまでに想像を絶するような努力、
苦労をたくさんしていると言うことです。

みなさんも秋の夜長、読書をされてたくさんのことを吸収されてはいかがでしょうか?

f0367351_09581662.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-09-21 09:58 | 音楽について
先日からバイオリンのマンツーマンレッスンに通い出した。
そんなところにお金をかけて、こんな年齢になって、私は一体何を望んでいるんだろう?
何になるつもりだろう?
ま、いいや。

わたしのバイオリンの弦がきれかけてて、状態がよくなかったので、
レッスンで借りたバイオリンを弾いてみたら、その音色のよろしくないこと。

量産されたバイオリンの音色はヒステリックの声に似ている。
吐き気がする。
耳元で、キイイイイ!!!と叫ぶのだ。

無理だ、めまいがする。とてもじゃないけど、耳元でヒステリックが叫ぶために、高いお金払って、精神衛生を悪くしにいっているは意味がわからない。

量産は作り手の気持ちが入っていないから、凄い音。
もの作りに似ている。

量産品は、買い手に何の感動も与えない。
機能的価値だけ。
それはそれで、機能をはたしているので、ニーズとマッチングしていれば適材適所ということだ。

メンテナンスをよくして、次回から私のバイオリンで弾こう。

家にある子どもから大人サイズのバイオリン達。
f0367351_13395994.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-05-12 13:42 | 音楽について
バイオリンより、色気のある音色出すのはサックスで。
色気ある人が吹くとさらに色気マックスで。
かっこいいなあ、サックス。
機会があれば、吹いてみたいのう(`_´)
サックス吹く猫の擬人化

f0367351_09290813.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-05-04 17:50 | 音楽について
バイオリンは第2,3,4の指で弦を押さえるのですが、最近、皮が厚くなってきたなあと
思っていましたが、弾きまくっていたら、左手、第2,3,4の指にタコが・・・

★タコ遍歴★

小学2年生の時逆上がりの特訓で両手のひらにタコが。

会社員時代は、まだ、在庫管理台帳があったので、
おっもたいそれを主に右手で出し入れしていたら、
右の親指にタコが。

年齢と共にだんだん厚くなる面の皮と同時に手の皮。

昨日はぶっ通し5時間弾きまくる。気づいたら夕方。

子供の頃あんなに嫌いで、毎日弦に爪立てて、弦をぶち切らすこと数回。
好きでもない曲を何度も弾かされ、ゆがんだ顔にて苦痛の連続で心も込めないで弾いていた。

好きな物には5時間でも集中できる。
バイオリンブランク●十年だけど、幼児の頃身についた技術や感覚は、●十年たってもよみがえる。
めちゃくちゃ楽しい。

好きこそ物の上手なれ
f0367351_10083997.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-05-01 10:08 | 音楽について
昨日、縁があり購入したヴィンテージバイオリン。
仮にバイオリンを彼女(She)とする。
彼女の声に惚れ込んだ。
寝ても覚めても彼女のことばかり。
人間にこんなに惚れたことはない。

切ない嗚咽のような声がたまらない。
「キラキラ星」を弾くだけでずんと心に響いてくる。
彼女は何者なんだ?
おばあさんが中学生の時にかってもらって、オケにも出たまでしか情報がわからない。
ながい歴史を背負ってきてたくさんの曲を歌い続けてきた重みが肩にずしんとくる。
ライターやミシンの作業とは違い、腕全体を動かす、もちろん手首も。
だから私の手首も痛いのだが、休まないといけないとわかっているのに
絵の神様と同様、音楽の神様が舞い降りてきて
とりつかれたかのように
腕だけ独立した器官のように
バイオリンを弾いてしまった(T ^ T)
何も出来ないから気分転換にバイオリンに目をつけたら
結局手を使ってしまう。゜(゜´Д`゜)゜。自省して手を休まさなければ。゜(゜´Д`゜)゜。
f0367351_06152798.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-03-24 08:04 | 音楽について