手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:五感MAX震撼( 12 )

気になっていた本、指南書、やっと拝読させていただきました。
忘れていたビジネスの基本、モチベの上げ方、学びました。
8年のブランクで、すっかり忘れてたビジネス感覚取り戻せたかも、、、
右頬をパンチで打たれ、目が覚めた気分
f0367351_10050569.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-08 11:00 | 五感MAX震撼
自分用に時計を作ってみました♪
が、
ゴテゴテしすぎて針がどこさしているのかわからなくなりました。゜(゜´Д`゜)゜。
f0367351_15271709.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-05 15:27 | 五感MAX震撼
小さいときは、
バイオリンのレッスンが嫌でたまらなく、
毎日弦に思いっきり爪立ててたら、
とうとうぶち切れた爽快な思い出!
親の嘆く顔!
f0367351_10115192.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-08-03 10:19 | 五感MAX震撼
マツドアケミさんの本を拝読。
ものづくりは、一見、表現者という、感覚的な仕事だが、論理的思考力、続ける努力、トータル的なビジネス能力が必要。
いくら才能があっても、上記の能力がないと、難しい。
どんな世界でも通じますね。


f0367351_08455530.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-15 08:56 | 五感MAX震撼
時代は、変わったなーと思うことが多々あります。

私が、会社員の時代は、副業禁止でしたが、今はむしろWelcome。

終身雇用もぶっ壊れ、まあ、リスク分散ですね。

また、幸せにいきるための知恵ですね。

あるいは視野狭窄に陥らないことですかね。
ものづくりもそればかり固執してたら、視野がせまくなり、いいものがつくれないんですよ。

時代は、ほんの数年で価値観ががらりと変わりますね。
時代を、よく観察することが大事ですね。

そうかんがえると、自分プロデュース出来る、創造的時代到来かなと思います。

いつまでも古い価値観に固執してたら、成長しませんからね。
f0367351_03310358.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-08 03:31 | 五感MAX震撼
中野京子さんの、『怖い絵』シリーズ、3巻読破。
いつも見慣れている名画も、深読みすれば怖さがにじむ。
ダビンチの描いた、血に見える石が実は○○だったり。
象徴を表していたり。

こじつけかなと思う部分もあったけど、深読みを鑑賞者にゆだねているようで。
巨匠、ダビンチならするかもなあ、とか思ったり。

面白すぎて、一気読み。
f0367351_09382422.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-07-04 09:38 | 五感MAX震撼
前から見たかった、雨を象徴とした、6月の物語、『言の葉の庭』、見ました。丁度梅雨入りの話で。
描写、行間、構成、象徴、奥深さ、表情、全てにおいて完璧。
彼は、天才だ。
勉強になる。




[PR]
by atelier-madoka | 2017-06-08 11:33 | 五感MAX震撼
設立したくらいに1度いったきりのUSJでしたが、久しぶりに行ってみました。
平日なのに凄い人・・・(T ^ T)
入場券買うのに1時間。
ハリポタアトラクションで2.5時間。
ジュラシックで1時間。
待ち時間のほうが長い。ほとんど何もできなかった・・・。

しかしハリポタは、4Dを体感できて、年齢的についていけない、上か下か時空もわからず振り回されて
アトラクションから降りたらふらついた、でも楽しかった。

なぜUSJがV字回復したのかは、試行錯誤の故、消費者視点(consumer driven)という価値観と仕組みにUSJを変えたことにあったらしいです。

やはり、こだわりをすてて、お客さま視点から徹底的に分析したことで成功につながったのでしょう。

”消費者視点の組織になったことで、USJは「ハリウッド映画のテーマパーク」という狭いこだわりを捨てました。
消費者が求めているのは「映画」かどうかではありません。
最高に楽しいものであるかどうかが重要だという当たり前のことに気づいたのです。”


f0367351_11475259.png


[PR]
by atelier-madoka | 2017-06-06 11:48 | 五感MAX震撼
しばらく、激しいスランプに陥り、そんなときは、俯瞰するために、布から距離を置いていました。

期待していた、コンペに落ち、何もかも嫌になっていたのです。

しかしながら私は沢山のソウルメイト、尊敬できる方々に支えられている。
お店のオーナーはじめ、お客様、ブログみていただいている方、近所の友達、頑張っているいとこたち、家族、ライター会社のオーナー、バイオリンの先生、、、

たくさんの方からモチベーションを頂き、生命力を頂き、前に進もうかと模索しています。

逆に生命力のやる気をそぐような人からは距離を置きます。
人生は有限で、時間がもったいないので。

物理的に距離置けないなら、心理的に距離を置けばよい。

人生は、自分主体説。

すべての環境は自らが作り上げているのです。


だから、なんとか、つづけなくては、、、

沢山の方たちを思いながら、モチベーションアップに向けます。
f0367351_10314533.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-05-29 10:32 | 五感MAX震撼
先日、大阪の古本屋をうろついていたら、遠くから視覚に飛び込んでくる女性が。

それはカシニョールだった。

私が幼いときに、メディアを賑わせていた、フランスの男性画家、カシニョールが描いていたあの女性。
しばらく、全く忘れていたけど、懐かしい友人に出会った気分。
その画集を開くと、物憂げな女性が、散りばめられていて。

「ああ、幼いときにメディアに散乱していた女性が私の魂の心髄に潜り込んでいたのだ、それを自分なりに消化して、
自分なりの物憂げな女性として表現し直していたのか」

幼いときに、その女性をたくさん見てきて、何か気になってずっと心に残っていたのだろう。

と気づきました。少しびっくりしました。
f0367351_10262229.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-05-15 10:27 | 五感MAX震撼