手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨夜の台風は凄かった!
皆様ご無事でしたでしょうか?
選挙で日本列島が沸く中、それに勝る勢いで台風の嵐といったら!
家は揺れるし、音は凄いし、眠れませんでした。
昔の人は自然に脅威、畏敬を感じて芸術や宗教にしてきたのだったと思います。
起きたら様々なものが散乱してて、搔き荒らされてました。
電車も動いてないし、どんなに合理的で秩序だった世界でも自然の威力にはかなわないなと。

嵐の前の静けさ→嵐→過ぎ去った後の破壊→創造
といったかんじで音楽が出来そうです。

皆様、ご無事をお祈り申し上げます。
f0367351_13200525.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-10-23 13:20 | 五感MAX震撼
しばらくプライベートでバタバタしていたら、ミシンもめっきり使わなくなったし、
バイオリンもめっきり弾かなくなったし。
そしたら顕著に表れたのが、久しぶりに使うとミシンは調子狂うし、
バイオリンのかすれた声といったら!

放置してたら、ミシンやバイオリンが
「なんでしばらく放ったらかしにするわけ?わたしの存在忘れた?」
とか、文句言ってるようだった。

やっぱ、大事にしなきゃ、彼女たち、怒るわけですよ。魂が宿ってるんですよね。
人間だけじゃないんです。

ものに魂が宿っているというアニミズム的な考え方は、日本人特有もので
八百万の神とか、ものを神格化するということは日本人が昔持っていた感覚なのです。
今は大半忘れたかのように、生きてるんで。
心が殺伐するというか。

ごめんなさい・・・
f0367351_12122695.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-10-17 12:12 | 五感MAX震撼
私の表現手段の1つであったブックカバーですが、時代を経るにつれて変わったなと思うことが。
15年ほど前はブックカバーの需要はありました。

本はまだまだ紙媒体が主流だったからです。
しかし今は、本を読む購買層も減り、さらにipadで読む人が増えてきた。

それはブランク8年後の活動の際にうすうす気づいていたのですが。
しかしブックカバーほど適切なサイズで表現出来るアイテムはなかったわけです。

で、従姉妹達に相談してたら、やはりズバリと上記思っていたことを指摘されました。

確かに私自身、本中毒で一日一冊は読むほど好きですが、本は家で読む程度だし、
ブックカバーをつけたとしても、誰に一体タイトルを隠すのか?という疑念がわきます。

例えばAIの普及で将来無くなるものも沢山増えるんだろうな。それは巷で言われていますよね。
仕事の職種によってはなくなるものも増えると言いますよね。
時代によって無くなるもの、出来るもの、それに臨機応変対応していかなきゃならいのですがね。

↓かつてつくっていたブックカバー   迷える子羊、迷ったまま家に帰れない 初期の頃
f0367351_10032829.jpg
f0367351_10010519.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-10-05 10:07 | 制作苦悩
大阪近鉄、上本町催事ありがとうございました。昨日終了しました(o_ _)o

女性画家であった上村松園は、なぜ女性なのにあんなに色気のある女性を表現できるのか?
女性であるけれど男性目線のフィルターを通して女性の色気をみつめていたのか?
とか色々考えていました。

最近、思うがままにただただ色気のある人を描きたいという欲望がまた再燃してきました。
男女問わず。

しばらくかわいい系を作っていたので反動で。
一年を通してサイクルがあるらしく。

純粋かわいい系を作ってしばらくすると、色気の溢れる人を描きたくなったり。
明るく眩しいものを表現すれば、暗いじめっとしたものを表現したくなったり。
かと思えば、全く創りたくもなくなったり、絵具や布、ミシンを見るのも嫌になったり。

自分でもコントロールしなければと思うのだけど、(反省)
たぶん、心の中でバランスをとってるのだろうなと。

最近はかわいい系をつくっていた反動で、
いかにしたら女性のうなじを色っぽく表現できるか
とか
ヌードでないけどいかにしたら圧倒的なものが表現できるか
とか、そればっかり考えています。

見たいなあ↓
↓色気のある理想の女性像を表現してみた
f0367351_10105314.jpg
↓上村松園様のこの絵が個人的に一番好きです。怖いけど美しい。ゾッとするような存在感。クモの巣も最高だ!
f0367351_10181385.jpg
出典 http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=A11098
東京国立博物館


[PR]
by atelier-madoka | 2017-10-04 10:11 | 五感MAX震撼