手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:オーダー商品紹介( 25 )

生地選びの段階です。
お客様より
生地は昨日掲載のあの生地、ゴージャスで汚れも目立ちにくそうでいいなと思いました。
汚れが目立ちにくいって、結構大事!笑

昨日の以上に目立ちにくそうな生地があれば、それでもいいけど、ゴージャスさも失いたくないなぁ~と思います。

なにはともあれ、昨日掲載の蜘蛛が気に入ってます。

とっても。
オシャレで綺麗で可愛い!!
しかし、人を絡めとっちゃってる怖いやつ!!

なので、何はともあれ、昨日のオシャレで邪悪な蜘蛛希望です。
f0367351_09343775.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-03-23 09:38 | オーダー商品紹介
前回、コサージュのオーダー頂いたお客様より。

「前にでて司会するのですが、思った以上に大きく、スーツも紺の上下で、コサージュが目立ちすぎます。やり直して頂けませんか?」
とのこと。

了解です。

ご満足頂くまで再試行させていただきます。
■ただし、お客様のご指定通りでしたので、■オプション料金■発生します。
ご了承ください。

サイズはお母様分15センチとのご指定でしたが、11センチまでの直径まで縮めて
リボンをピンクでなく、グレーに変更とのこと。

それをマックスまで縮めて、バランスがあるので、切ったり縫ったりしてマックス12センチまで縮めました。

お嬢様分も、お母様の大きさに付随し、小さくさせていただきました。
f0367351_11413385.jpg
f0367351_11412261.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-03-09 11:41 | オーダー商品紹介
最初は無機質な一片の生地に過ぎなかった。
その原型をもはやとどめていない。

それらを重ね合わせ、永遠の生命を吹き込む。

その瞬間、興奮はMAXに。
f0367351_19392077.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-19 19:40 | オーダー商品紹介
どんなに天下統一、華やか全盛であってもこの世は
諸行無常
一炊の夢
万物流転
ですので、
■一瞬の刹那の花火の命を、永遠にコサージュに押し込めた■
わけであります。

f0367351_10082684.jpg
f0367351_10080999.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-16 10:08 | オーダー商品紹介
さて、花びらの布の素材を破壊した後は、コサージュの形作りに入ります。

花びらをずらすことで直径の大きさが変わってきます。
花びらをまとめることで直径が小さくなります。

22センチか、15センチくらいか、お客さまにご相談。
すると、15センチが良いとのお返事を頂きました。

お嬢様のコサージュはそれより大きかったらバランスがとれないので
15センチより小さいものをつくります。

ありがとうございます。

f0367351_16331757.jpg
f0367351_16340860.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-15 16:34 | オーダー商品紹介
さて、色が決まったら、特殊な機械で、花びらの周りを加工していきます。

布には縦と横で成り立っており、1本でもほぐれると全てがほつれるという形状になっていますので

その形状を破壊するというか。
縦横の形状をぶっ潰す作業工程に入ります。

でないと、しばらくしたら糸がタラリンとのびてきて醜くなるからです。

加工前の花びら
f0367351_14351323.jpg
加工後の花びら
f0367351_14353653.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-14 14:36 | オーダー商品紹介
もうすぐ、卒業、入学の季節ですね。
親子ペアの、コサージュオーダー賜りました。

■お客様のご要望として、、、

幼稚園の卒園式および入学式での、お嬢様とお母様のペアのコサージュ。

■まず、色決めです。

お客様より。
「色迷ってました。とりあえず、卒園式では子どもも私も紺色の服を着るつもりです。
入学式ではベージュっぽい服を着るかもなので、両方で使えたらな、と思います。
色を考えてたのですが。。クリーム色がベースだといいかな?と思ったり」

ベースが紺色と、ベージュの両方にあういろを考えてくださったようです。
ありがとうございます。

■最終的に

「ネットのコサージュの雰囲気からは、クリーム色にオレンジ色の差し色が入ってるのあるので、それで」

というご要望いただき、オレンジベースで淡い感じをイメージしておられました。

早速生地の在庫をみましたが、あいにく、ネットの生地は人気ですでに在庫切れでした。在庫はブルーと赤系しかありませんでした。

納期がせまっていますので、生地を選びにいく時間が正直ございません。

ですので、赤と黄色の花柄のオーガンジーをお勧めして、その生地の上に何そうも白などを重ね合わせれば、オレンジ系になるのでお勧めしました。
赤と黄色は、オレンジ系になります。

お客様もご了解いただき、早速制作に取りかかることにしました。

制作の楽しさ、思いがが少しでもお伝えできればとプロセスをネットで紹介させていただきます。
お客様との共同作業、非常に充実した時間です。

一生の一度の親子の思い出にいかがでしょうか?
minneでも、掲示させていただいています。

ビビッドな雰囲気のオーガンジー

f0367351_19280141.jpg
白を重ねれば柔らかい雰囲気に
f0367351_19284409.jpg





[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-13 16:32 | オーダー商品紹介
さて、お客さまとの濃密なやりとりをしていた、キーケース及びバッグチャームですが、
最終的にお客さまは蝶々をサイドにつけられず、シンプル路線を選ばれました。

今まで、小さいものを含めたら1000近い子ども達(作品)を産み落としてきました。

今回もまったく無の状態から、細胞分裂していって・・・?大きくなった子供を産み落とし、
お客さまの元へ旅立ちます。

お嫁に行くときは笑顔で送り出します。

お客さま、長い時間一緒にお考え頂き、大変ありがとうございました。
充実した時間に、感謝申し上げます。

もう少ししたらお送りいたしますからお待ちください(o_ _)o
f0367351_09592752.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2017-09-17 10:00 | オーダー商品紹介
今日は久しぶりに異分野の勉強会に。
学校ぽくて、疲れましたが、沢山の刺激を受けました~

さて、オーダーの制作プロセスも終盤にさしかかり。
お客様は、サイドに蝶々をつけるか、つけないか悩んでおられる様子…
お客様
こんばんは〜
早速紫色を足してくれて有難うございます!
良くなりました〜♪蝶々、どうしましょう。
何度も2枚の写真を見比べてるんだけど、黄色だけのもシンプルでいいけど
ちょっとさみしい気もするし、黄緑色の蝶々を足すと少し華やかな感じで
雰囲気変わるし。
悩んじゃう〜選べないです〜
どないせえって言うねんな〜(^-^;ってかんじです。

と悩んでおられます。

Atelier Madoka
充分悩んでください(^_^)週末まで悩んでいただいていいですよ~
納得いくまで(^_^)
派手が好きか、派手が好きじゃないかですねえ・・

のんびり、納得行かれるまで!それでいいのです! おまちしてますね~
f0367351_17562356.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2017-09-14 17:56 | オーダー商品紹介
さて、オーダーメイドも最終に近づいてきました。
お客さまの創造する物に少しでも近づいたかしら?♥?

お客さま
もう1つ質問です。見本の子のお腹の辺りが紫っぽいような色をしているのですが、あれは毛糸の種類が違うからですか?
作っていただいてる子は色がベージュになってるんですが、この子も紫っぽくできますか?
(毛糸の違いならそのままで大丈夫です)

Atelier Madoka
了解です、紫付け足してみますね~また、写メ送りますね(o^^o)色々ありがたいです(^-^)

で、翌日・・・
Atelier Madoka
こんにちは!今日はここまで進みました。紫をおなかに乗せてうえからまた毛糸でたたきつぶしたのですが・・・
いかがでしょうか?また蝶々をサイドにつけることも出来ます。宜しくお願いします。

f0367351_16032583.jpg
f0367351_16034344.jpg


[PR]
by atelier-madoka | 2017-09-13 16:04 | オーダー商品紹介