手芸作家、AtelierMadoka (アトリエマドカ)★HP★⇒ http://www.eonet.ne.jp/~atelier-madoka/ が大人の為の絵本のような世界を表現しています


by atelier-madoka
カレンダー

<   2018年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

父の作った陶芸ランプ。

企業戦士として定年まで勤め上げた後は、ボランティアで絵画教室を開いた父。

授業料を取らず、近所の方を集めて絵画教室を開きました。

第二の人生ですね。

父もだいぶ年をとってしまって、入退院を繰り返しましたが。
f0367351_07102437.jpg



[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-20 07:10 | お知らせ
最初は無機質な一片の生地に過ぎなかった。
その原型をもはやとどめていない。

それらを重ね合わせ、永遠の生命を吹き込む。

その瞬間、興奮はMAXに。
f0367351_19392077.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-19 19:40 | オーダー商品紹介
ゴテゴテ感が気になったので昨日やり直してきました~
既にご覧戴いた皆様、失礼いたしました。

f0367351_06092119.jpeg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-18 06:10 | 催事イベントなど
5分で飾れるだろうと甘く見たのがいけなかった、40分もかかってしまった。

御世話になった皆様、大変ありがとうございました。

しばらくの間、展示して頂けます。

f0367351_14361688.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-16 14:36 | お知らせ
待ちに待った従姉妹の個展の本、ZINEが届きました!

一番お気に入りの絵にライティングさせて頂き、感ひとしお。

他の方の各々の分野を極めた方達のライティングを読んでも、胸にズキズキくる、センチメンタルと一言では言いくるめられないような、なにこれ、この痛みっていう感じの。

有難うございました!!

ちなみに、従姉妹のニケというアーティスト名は、サモトラケのニケからとったそうです。
やはり。
サモトラケのニケは、猫っぽいのに実は勝利の女神らしいです。

オールドレースのプレゼントもあり、興奮冷めやらぬ・・・
もったいなくて使えないよ~

f0367351_14264980.jpg
f0367351_14270736.jpg
f0367351_14272871.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-16 14:29 | お知らせ
どんなに天下統一、華やか全盛であってもこの世は
諸行無常
一炊の夢
万物流転
ですので、
■一瞬の刹那の花火の命を、永遠にコサージュに押し込めた■
わけであります。

f0367351_10082684.jpg
f0367351_10080999.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-16 10:08 | オーダー商品紹介
さて、花びらの布の素材を破壊した後は、コサージュの形作りに入ります。

花びらをずらすことで直径の大きさが変わってきます。
花びらをまとめることで直径が小さくなります。

22センチか、15センチくらいか、お客さまにご相談。
すると、15センチが良いとのお返事を頂きました。

お嬢様のコサージュはそれより大きかったらバランスがとれないので
15センチより小さいものをつくります。

ありがとうございます。

f0367351_16331757.jpg
f0367351_16340860.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-15 16:34 | オーダー商品紹介
さて、色が決まったら、特殊な機械で、花びらの周りを加工していきます。

布には縦と横で成り立っており、1本でもほぐれると全てがほつれるという形状になっていますので

その形状を破壊するというか。
縦横の形状をぶっ潰す作業工程に入ります。

でないと、しばらくしたら糸がタラリンとのびてきて醜くなるからです。

加工前の花びら
f0367351_14351323.jpg
加工後の花びら
f0367351_14353653.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-14 14:36 | オーダー商品紹介
もうすぐ、卒業、入学の季節ですね。
親子ペアの、コサージュオーダー賜りました。

■お客様のご要望として、、、

幼稚園の卒園式および入学式での、お嬢様とお母様のペアのコサージュ。

■まず、色決めです。

お客様より。
「色迷ってました。とりあえず、卒園式では子どもも私も紺色の服を着るつもりです。
入学式ではベージュっぽい服を着るかもなので、両方で使えたらな、と思います。
色を考えてたのですが。。クリーム色がベースだといいかな?と思ったり」

ベースが紺色と、ベージュの両方にあういろを考えてくださったようです。
ありがとうございます。

■最終的に

「ネットのコサージュの雰囲気からは、クリーム色にオレンジ色の差し色が入ってるのあるので、それで」

というご要望いただき、オレンジベースで淡い感じをイメージしておられました。

早速生地の在庫をみましたが、あいにく、ネットの生地は人気ですでに在庫切れでした。在庫はブルーと赤系しかありませんでした。

納期がせまっていますので、生地を選びにいく時間が正直ございません。

ですので、赤と黄色の花柄のオーガンジーをお勧めして、その生地の上に何そうも白などを重ね合わせれば、オレンジ系になるのでお勧めしました。
赤と黄色は、オレンジ系になります。

お客様もご了解いただき、早速制作に取りかかることにしました。

制作の楽しさ、思いがが少しでもお伝えできればとプロセスをネットで紹介させていただきます。
お客様との共同作業、非常に充実した時間です。

一生の一度の親子の思い出にいかがでしょうか?
minneでも、掲示させていただいています。

ビビッドな雰囲気のオーガンジー

f0367351_19280141.jpg
白を重ねれば柔らかい雰囲気に
f0367351_19284409.jpg





[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-13 16:32 | オーダー商品紹介
今日は少しだけ絵の神様が降りてきてくれた。
まるまると太ったカワイイウサギのおしりを描きたくなった。

スランプとの対峙。
そしてモチベーションの自家発電。
人は心に支配されている。
心が人の行動を動かす基軸と言っても過言ではない。

f0367351_15271745.jpg

[PR]
by atelier-madoka | 2018-02-10 15:27 | 制作苦悩